日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(24)
元気系(3)
恋愛系(6)
ペット系(115)
グルメ系(11)
レシピ系(14)
オシゴト系(13)
観察系(3)
旅行系(13)
釣り系(3)
映画系(4)
スポーツ系(2)
ゲーム系(2)
アニマン系(10)
闘病系(8)
オトナ系(13)
Prisner of "Is...
島ぴと達...
Vegetable agai...
18年に...
島はあけ...
さとうき...
ある意味...
ア・リ・...
友情
音楽雑誌...
ウンチに...
イクラな...
『兄弟船...
誕生日
おじぃは...
こころ
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 ターコイズに黒珊瑚.旅行系日記
ちろみ
ちろみとりあえず系元気系恋愛系ペット系グルメ系レシピ系オシゴト系
観察系旅行系釣り系映画系スポーツ系ゲーム系アニマン系
闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆46〜47才 1971(昭和46)年 B型 宮古/石垣近辺在住 北海道出身 不定期休み お酒を飲める 喫煙しない
◆趣味・興味: 酒/ワイン, 国内旅行, 海外旅行
作家QRコード
作家QR
 コード 
のんびり日記
 
2018年11月
    1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

→このジャンルの最初の日記
→全部で244日記/旅行系日記が13日記

 次を見る>
水色バックで、通りスルー
毎朝、小鳥もチュンチュンとなくころ
友人は水色のバックに洗濯物を入れて
♪ランラランララン~と、軽やかに
洗濯機に向かう。


私の横を通りすぎたとき、




…?



…ちょっと、待ってくれる?



…取り締まりの時って、
こんな感じなんだろうか。



ちょっと待って、


そこのお嬢さん。



それは…、


なんて、書いてあんの?




「おまえは、バカだ」



……。


…そう言われれば、そんな気が(笑)。
なぜに素直に肯定してる、あたし。
しかも、舌まで出された日にゃ。



聞くところによると、
彼女が小学3、4年生のころ
学校で作ったんだそうだ。

彼女は物をとても大切にする。
ハンパじゃない。
持ち物はどれもこれも年季が入って…

…っていう、問題ではない。




…なんだろ。


この胸に広がる、

決して届くことはない、憧れを

知っているということだけで

悲観さえ射し込まない、

安心感にも似た、穏やかさ。



ある意味、


…宇宙?



だって…、

小3で、

自分の持ち物に

「おまえはバカだ」


だよ?






…超えていくしか、

ないじゃない。




…授業とはいえ、
10,000歩譲って、
家庭科が嫌いだったとして…、


…いや。


ほつれのないしっかりとした造り、
丈夫さを見るところ

嫌いだったとは、思えない。



「お母さん、(バックみて)なんか言ってた?」

と、聞くと

「"なんで
<バカ>になっちゃうの…?"って」


…お母さん、

ホントに、


ねぇ…?



それから、2?年経っても
水色バックは
彼女のそばで、彼女とともに。


ちくちくと
糸を縫い進める女の子のその先は
わたしの横を通りすぎる
あらゆる可能性を秘めた女性に

確かに続いてる。

なんの違和もない、その正しさ。




そろそろ英語環境がしみてきて、
英語と日本語のごっちゃ語、
重ね合わせが増えてきた…、

…京子の五郎。

ちょっとためらったけど…
たまに、会いたいじゃない、ふたりに。

で、友人の
もう、あんまり秘めてない可能性は
待ってましたと花開く。

洗濯室は私の部屋を通り抜けた先にある。
友人はいつものように水色バックをさげて
部屋を横切ろうとして、私に声をかけた。

「おじゃましますぅ~
いつも悪いじゃなぁい?
『通りスルー』しちゃって…」


え?


『通りスルー』…


…ま、間違いではない。

ってか、何よりも正しく、

そして何よりも…

響きが、いい。


ドライブスルー』の当たり前さが
霞んで消える。

調子に乗らせていただければ、
そんな歌があっても、よいのでは?


『そんなあの娘は、通りスルー』
なんとなく、ラッツ&スター。

なんつって、さ。




あたしって、さ。


昭和に生まれたの。



♪オレの前を 通りスルー
 そんなあの娘は 通りスルー

 はせるヒトミに気付かなぁ~い
 伸ばしたこの手も下ろせなぁ~い

 風の街を 通りスルー
 こぼれた涙は ウィンドスルー

 切ない背中に追いつけないなら
 せめてそのしずく この手のひらにぃ~



なんつってさ。

できちゃったじゃない、一曲。




あたし…、




何しに来たんだっけ?



マウイに…。



--
水色バックで、通りスルー
 
旅行系日記■■2007.2.17■■
つながり >1 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



飛行機は自由席
成田に着いてしばらくブラブラ。
今回は、第1ターミナルの南ウィング。
なんか、第1ターミナルって、旅にでるよ、
みたいな雰囲気ある。

一番初めの海外旅行が確か
第1の南ウィングで
天井までガラス張りのその向こうに
見たことないマークの飛行機が
見えたりしてね。
周りにはスーツケースかかえた
季節外れの服装の人なんかがいっぱいで。
外国人もいっぱいで。

日本と外国の中間エリアに
ポーンっと放り込まれた感じになって
なんとなく、感慨深くなっちゃうの。

バックパックをカートに乗せて
お店拝見していると、
待ち合わせてた友人がやって来た。
チェックインをし、バッグを預け
送りに来てくれた彼女のお父さんと三人で
出掛けの一杯。

…な~んて、楽しいね~。

誰かと海外にでるのはこれまた12年振り。
普段は1人で緊張感もあるから
人と一緒だとリラックスできるって、いいね。

みんなで一杯やりながら、ふと
機内に持ち込む荷物のことが話題になる。

え~?ダメなのぉ~?

と、友人の手荷物から
鋭利な刃物には違いないが小さな小物達が
アレヨアレヨと出てくる。
小学校から使ってるはさみ、
お気に入りシェーバー、などなど
彼女に長年、大事にされてきた子達を
没収されてはなるまいと
次から次へとお父さんに託され
お父さんのポケットはキケン物で一杯(笑)。
どうか、帰り道、転ばないでね。
でないと、グサグサです~。


お父さんを、逆見送りしたのち
二人で飛行機に乗り込む。
ワイン片手に、お互い帰省していて
会っていなかった2ヶ月間の報告。

…っていう間に、ホノルル着。

早朝着の便なので外はまだ真っ暗だ。



ハワイ…なのか?



かすかに流れるBGMはそれっぽいけど。
実感がない。

国際線から国内線のターミナルに向かう途中で
外に出たときに
大きく高い椰子がじゃじゃ~んと現れ
ゆ~ったぁ~りと揺れ
その風がなんとも言えず優しい。
やわらかい。

いいぞっ、ハワイな感じがしてきた。

国内線のチェックインを済ませ
搭乗口で時間を潰す。

東の空が徐々に明るくなる。

空が、見え

山が見えた。

山が、…雄々しいねぇ。

そこで誰かが守ってる…感じ。


ハワイ…


神様の気配。



さて、やっと本日最後のフライト。
よっつめの、アロハ機。


やっぱさ、

「アロハ」とか

つけとかないとね。

ハワイ、だし。


機内に乗り込む。
チケットを発券してもらって
ちょっとナゾだったのが座席番号。
Aとか、Bとかの表示がない。
乗りゃぁ、わかるかと思ったら
ちゃんと座席にA、B表示がある。
CAっつうの?流行りで言うと。…に「座席番号は?」と、聞くと

「any seat!」



…えっ。



それって…、


友人「自由席(笑)?」



…ぷっ。

あっ、笑っちゃった(笑)。


…な

…なんて…、

寛大?


違うわね。


自由?


あ、あめりか(笑)?


自由席の飛行機なんて、初めてだ。

さらにやってくれるぜ、アロハ機は
飛び立ってすぐに否応なく
小さい頃に飲んだ添加物満載の
粉ジュースに似たグアバジュースが配られ
あっという間に、カップ回収のCA登場。

なんだよ、おい~、
早飲み大会か(笑)?

勝っていいのか、悪いのか、
このスピード感にうまく乗れず
ジュースひとつに少々息が荒い、我ら二人。

で、飛行機、下降。

もう、降りるんかいっ!

無理してジュース配らなくても(笑)。


とにかく

とうとう、着いたぜ、

マウイ島。


さて、どんな二週間になるのかな?

マウイの神様、こんにちはっ!

みっちり、ヨガしにきましたよっ!

--
飛行機は自由席
 
旅行系日記■■2007.2.4■■
つながり ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
Apple iPod nano 4GBホワイト [MA005J/A]
Apple iPod nano 4GBホワイト [MA005J/A] ()
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



今日の日記
おはようございます。

早速ではございますが、
これから、マウイへ行ってきます。
ハワイの。


あたしの中では、

「たかがハワイ、されどハワイ」 (20代前半)

「されどハワイ、いつかハワイ」 (30代前半)

それがおととしあたりから
「かなりハワイ、ってかハワイ」
に、変わっていった。


とうとう…、

ハワイがあたしにやってきた?

TIME TO GO!


不思議なことに離島なんだな、また。
どうやら、あたしには本土とか大陸には
縁がないらしい。

デカすぎる日本の離島・北海道から始まり
行く先々は、何の因果か、

マッポの手先。



間違った。


何の因果か、離島ばかり。

その場所に行きたくて選んだんじゃなく
学校が、仕事が、部屋が、
そこにあったから。

そして、そこは、島だった。



さてこれから始まるその行程が、
年末のヨーロッパ&北海道ツアー並みの
ハードさ。

往路はこれでも一応、
スムーズな乗り継ぎで
四つの飛行機で駆け抜ける、
正味20時間の移動劇。

思い出すんだ、ちろみっ!

ヨーロッパから北海道に帰ったときは
30時間かかったじゃないか。

…あはっ(渇)。


今回は、日付変更線をまたぐおかげで

島を離陸する時間 09:40の、
ちょっと前の同日
09:37にマウイに着陸し、
2月3日again予定(笑)。


もう一度…、

やり直すの。

今日のこの日を…。(火サス風)


20時間後に常夏ハワイで排人にならないよう
努力したい。


で、帰路になると例の日付変更線で
4日がかり。

なんじゃ、そりゃ(笑)。

ワイキキ泊はわかるけど、
日本に着いて那覇まで行けるが、
島に行く便はしゅーりょー。

沖縄在住三年にして、初の那覇泊。



ってことで、

まず、いっこめの飛行機。

--
今日の日記
 
旅行系日記■■2007.2.3■■
つながり >1 >2 ...つながり ...日記QRコード
つながってる???アイテム
えいご日記  Amazon.co.jp特別企画商品
えいご日記 Amazon.co.jp特別企画商品 (PC ソフトウェア)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



あけましておめでとうございます
っつかさー、元旦の朝は、-15℃。
寒いじゃろ~、それは。
そんな、鼻の穴がツーンと痛くなるほど
引き締まった冷たい空気の中、
車で両親と近くの神社へ初詣。

すると、さっそく
冷たく締まった路面で滑って
雪山に突っ込んじゃった若者車が
ちびクレーンに助けられていた。
目の前が建設会社ってのが、ミソ。
若者(女子)が、助けてくれたおじさんに
頭を下げている。
おかげさまよね、ホント。

誰もいない神社で、パンパンと御参り。
夜中の初詣客により、
「しあわせおみくじ」は売り切れていて
通常のおみくじを引く。

中吉

旅行、商いなどよい傾向に書かれている中
待ち人は、

「来ないが、連絡あり」


……。



えっ。

何で……、

連絡くれるんだろう…。


メール(笑)?


…というか、

「来ないよ」っていう連絡が、

来るんだろうか……?



考えても切りがなさそうなので
結んで神社を後にした。



久々の帰省で、人に会い続けた三日間。
誰かとの出会うことはその時期、
それぞれに、いろいろと、意味がある。
…って、思っているので、
興味深く楽しんだ。


…のはいいのだが、
こんなにたくさんの人達と会ったのは
本当に久しぶりで、
一人に対する時間が短いせいもあり、
けっこう細かく集中してしまい…、
テンションも上がり…、

少々、疲れた(笑)。

っつか、ご隠居さんかい~、自分。


印象的だったのは、
元旦に15年?ぶり会った、友人二人。
一人が勤めるお店に私が行かなければ
たぶん、この再会も実現しなかった。

故郷から離れて16年になり、
その内正月に帰ってきたのは数回で
ほぼ毎年、住所が変わるあたしには
こんな偶然なのか必然なのかの
出会いがなければ、旧友に会うのは難しい。


ワリと顔を会わせてる友人達でも、

「ちろみが、帰ってるらしいよ~」

「……どっから?」


こんな具合らしい。

それでも、みんな主婦だったり
突然だったりするのに
時間を作って会ってくれるのは、
ありがたい。




--
あけましておめでとうございます
 
旅行系日記■■2007.1.1■■
つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり ...日記QRコード
つながってる???アイテム
ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト【メーカー生産終了】
ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト【メーカー生産終了】 (ゲームソフト)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



PARIS day fiveいち
今日は、日曜日。

…やっぱ、蚤の市でしょ?
いいの、毎日でも。
今日はヴァンヴの蚤の市です。

宿がリヨン駅の近くで、メトロを乗り継ぎ
6番線に乗りますが、
この路線は地上を走ることが多く
ワリと見所あり。
大通りに沿って走ったり、
大所帯マンションなんかも伺える。
ベランダにある子どものイスとか
観葉植物みたりすると、
当たり前だけど、どんなところにでも、
家族と生活があるな~、なんて思ったり。
東京で電車に乗ってても、しみじみ思うな。

モンパルナスで乗り換えて、街の外れへ。

迷う暇なく、市場が始まる。
ここは古物が多く、銀食器(とても多い)や
昔々のキーホルダー、デッサン、刺繍屋さん、雑貨..
ワリと「蚤の市」のイメージに近く、
いかにも掘り出し物がありそうな、ニオイ。
歩く人も有色人率が低くなり、
かわりといっては、なんですが
日本人観光客が多くなる。

キーホルダーとかコンコンと物色してたら
どこからともなく

「ってかさ~」

とか、

「マジ、高くない?」

…ってか、アラ、日本人が、いっぱいい!
誠に勝手ながらアタシの独断と偏見で、
服飾系の専門学校生とみた。
ボタン屋さんと刺繍屋さんに群がる
キレイなカッコした若者男女が。

それから、アクセサリーを吟味する
OL風(古?)のおねえさん達。

ってか、自分がどうよ(笑)。

以前は、現地留学生風だったあたしは
今回、ホテルの人や飛行機で隣の人から、
ラフもいいとこな服装なのに、
「お仕事で(いらしたんですか)?」
と聞かれ、少しは
大人になったかと思われます。
えへっ。

ん?

…どっちにしても、旅行には見えないのか。

あっ、しかもねっ!
今回ははじめて、「マダム」と呼ばれたの。
「マドモアゼル」もあったけど、
7:3で、マダムだったのっ!




…え?

聞き違いだったら、ゴメンなさい?



アナタ、


今、アタシを…




アタシを、

マダム」と…、


マダム」と…、



仰った?



…仰ったのっ?




あの…、もう一度、

おっしゃって(笑)?


ダメなら、せめて、お名前を…。




や~、


なんかね~…、



…グッと、



きたよね。


言われて、目が覚めるよね。


そりゃ、年齢考えたら
とっくにマダムなお年頃なんだけど

そう、言われちゃぁ、さ。

背筋が伸びるっちゅーかねぇ、

マダム」の看板背負う、腹ぁ、くくる

って、ゆーか、さぁ…。


…って、なんでアタシ、

マダム」に仁義、通してんのかしら?



そんな、なんちゃってマダムは、
クレープ食べながら、午前中いっぱい
ほっつき歩いた。

以前よりも広くなって、古着屋なんかも
できている。

でもちょっと、

下町風じゃ

なくなったな。



つづく
--
PARIS day fiveいち
 
旅行系日記■■2006.12.17■■
つながり >1 >2 >3 ...つながり ...つながり >1 ...日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



PARIS day four
朝から小雨が降っている。

頭、冷やせってことかしら…。


土曜日です。
ときたら、蚤の市じゃない?
何が好きって、旅先の市場にいくのが
楽しいわよ~。

今日は、モントレイユの蚤の市へ。
蚤の市もいろいろあるけど、
ここは庶民の味方。
生活雑貨からスパイス、片玉がないメガネまで。
古着も2ユーロからあって、
全般的にB級が山積みになっている、
生活感溢れる、蚤の市。

本日の目標は、街中で
ポンチョ型のセーターを着た女性を見掛けて、
アレ、かわいいなぁって思ったので、
試しに買ってみたい。

店から店へ、ぐるぐる歩く。
触れ、すれ違いながら行く狭い通路の両側に
迫る感じでテントが張ってあり
古着屋さんだと
二畳くらいのベニヤ板の上にモリモリと
セーターやら、ジャケットやらが積んである。
それをかき分け、引っ張り出して物色する。
みんな、目がマジの、ワゴンセール。

殺気だつエリアを抜けると、同じ服屋さんでも
新品だけどB級で値段も上がるため、
人は群がってはいない。
アディダスの新品ジャージが10ユーロで
売られてる。
スニーカーも安くって、若者が買ってゆく。

もちょっと人がいるのが、
食器屋さん、古物屋さんに、メガネ屋さん、
電化製品、絨毯、布団…etc。

お客もお店の人も、有色人率が高い。
フランスは実際来てみると
アフリカ系移民が多いのにびっくりする。
この雰囲気は、中近東に近い…

…行ったことないけど。


何軒かに、ポンチョセーター発見。
選べるほど種類はなかったのだけど
普段あまり着ない、赤のとっくり(古?)の
ポンチョセーターを買った。
一応新品、10ユーロ。

それにしても、こんな広さだったかな。
もっともっと広い気がしたんだけど。


近くのカフェで、休憩。
今日はココア、やっぱり、ココア。
何飲もうか悩みながらカフェに入るけど
つい、寒さに負けて
「ショコラ・ショ(ココア・熱)、しるぶ・ぷれ~」
と、言ってしまう。
飲み物はいろ~いろあるから、
ホットワインとか、カフェオレとか、
試したいことは、試したいんだけど
爪先がかじかんでると、癒されたいの、
ココアに。


午後はマレ地区にある、ピカソ美術館へ。
ユダヤ人街もあり、情緒とか、
趣がある、界隈です。
細い石畳の通りに
素敵な看板がついたくねくねと続き
アチコチ入って行きたくなる。
…けど、まずは、ピカソ美術館へ。
ここには、ピカソの仕事のなかでも
青の時代から晩年までの作品がある。


ピカソは…、
学生時代は、あまり興味がなかったが、
ゲルニカ』だけは知っていて、
12年前のヨーロッパ旅行の際、
マドリッドで視た『ゲルニカ』の現物と
バルセロナにあるピカソ美術館へ行って
(主にピカソの若い頃、素描多し)
あぁ、ホントにすごいんだ、この人。
…と、ショックに近い感じで思った。
ゲルニカ』は、何がどう、とか言えない感じで
ホンっっっとに、凄まじかった。
で、最近また『ゲルニカ』を調べはじめて
軽くピカソ熱が再発。
改めて、視に来たくなったのです。

集めたコレクターの名前がついた
美術館は数あれど、
画家の名前がついた美術館は
世界でも、実はあまりない上に、
作品数も広さも、かなりなもの。
同じレベルでは、アムステルダムの
ゴッホ美術館くらいでしょう。
作品数でいうとルノワールも負けてないけど
「ルノワール美術館」はないからね。
名前がついた美術館が二つある
ピカソはやっぱ、圧倒的。

今回は好きだったのは、
一番インパクトのあるキュビズム時代より、
古典時代(ボリュームがある作風)だった。
ふくよかな女性が描かれて
触りたくなるような暖かさ、安心感、
人間らしさ。


館内に、特大のピカソの写真ポスターが
飾られてるんだけど、
カッチリしたコート羽織ってね、
むちゃくちゃカッコいんだよ、コレが。
晩年のじいちゃんな年齢だと思うけど。

年齢も時代も吹っ飛ばしてるカッコいい人。

そーゆー人が、ふんぞり返っても
絵になるわなぁ~、


パリって、やっぱ。
--
PARIS day four
 
旅行系日記■■2006.12.16■■
つながり >1 ...日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



PARIS day one
ルーブル美術館・リシュリー翼の


『ナポレオン三世のアパルトマン』


大好き。

全くのイメージですが、
ナポレオン三世の
「ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ」って声が
聞こえてくる気がします。

初日。
まずは御参りのノリで、
美術館の女王・ルーブル美術館。
12年前と変わってたのは、
やはり旬の『モナリザ』が、
あの大きさのわりに
別格な感じで飾られていた。
絵の前に50人は集えます。

そうなると

…見えませんが。


『ヴィーナス』も
別格チックになってた。
美しさは、相変わらず。
なんてゆうか、内面が美しいっていうか、
いかにも、フトコロ広そうな
暖かさ。

今回のあたし的逸品は
panniniって人の
オペラ座の内部を描いたもの。
室内の、歓声、

うわぁぁぁっ…て感じが

良かった。


他にも名作いっぱいあるけど、
なにより、恐ろしい量の質の高い作品を
その一つ一つを
十分に見せることができるスペースをもった、
ルーブルのフトコロの広さが、

好きであります。


4時間くらい、じっくりとゆっくりと
見て回った。
こっそり、ポッキー食べながら
途中で外を見ると、晴れてきた。

午後は、街の中をひたすら歩いた。
夕べ、夜に着いて
予約先のホステルまで歩いたのだけど
不思議なほど、感動も高揚感もなく
フツーに景色を眺めた。

街が変わってないのか、
私が変わってないのか。


もうちょっと、



こう…


ないんだろうか(笑)。


わぁっ!


とかさ(笑)。




…ないのねー。


つまらない、ってゆんじゃないの。

旅行とか、非日常じゃなくて、

…フツーなの。

パリで、

仕事してなくて、

チケットをもらったから

ひま潰しに、

ルーブルに来てる


…感じ。


…のワリには、言葉、わかんないしさ(笑)。


前の人生で、パリにいたのかもなー。

--
PARIS day one
 
旅行系日記■■2006.12.13■■
日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0
 次を見る>


[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています